■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2013年05月30日

もりみん 増産中・・・

fuuen05.jpg

チマチマと、もりみん増産中・・・

今回は、かえるまつりバージョン&釣りきちバージョンで、
写真では解り難いですが、モリミンは身長5cm、蛙や魚は2cm以下です。

各20個限定ですが、
最近元気な安芸太田町のイベントにあわせて、思いついたらまた作ります。

釉薬は掛けませんので、
電気窯で強制乾燥のち、そのまま本焼へと進行中・・・

ちなみにワシの身長は190cmです。

fuuen06.jpg

fuuen07.jpg

ランキング参加中!
広島ブログ

2013年05月29日

倉敷の筆立て

oki01.jpg

倉敷の師匠が病院から一時帰宅された時、家族で見舞いに行き、
形見に頂いたのが先に紹介した抹茶碗で、
娘2人は、筆立てをいただきました。

勉強しなさいというメッセージが込められていたのですが、
何せ小学生でしたので、どう感じたかは解りません。

そのときのブツはワシの寝室にあります。

師匠は本が好きでしたので、
私が寝起きしていた仕事場の部屋の半分は、本の倉庫でした。

生前に自費出版された作品集にも同じ作品が掲載されていますが、
白化粧流しのほうは、私も作らせていただきました。

oki02.jpg

oki03.jpg

oki04.jpg

oki05.jpg

oki06.jpg

oki07.jpg

ランキング参加中!
広島ブログ

2013年05月26日

抹茶碗 その3

tyawan07.jpg

倉敷時代の師匠が亡くなられて10年近くになるのでしょうか?
一時退院されて、工房で休養されていた頃・・・

子供を連れてお邪魔した時、
ロクロ台に茶碗を並べて、箱書きをされていました。

「この中で一番良い茶碗だと思う。」と申されて、
この茶碗を頂きました。

大ぶりの井戸茶碗、締りのあるカタチです。

赤いナンバリングは展示会用のラベルで、
当時は、和紙に毛筆、糊で貼っていました。

登り窯は丸三日で昼夜連続でしたが、
奥様が当時の夜食と同じものを作ってくださいました。

この時の師匠は、死期を悟られていたと思われますし、
実際に最後の面談となりました。

tyawan08.jpg

tyawan09.jpg

tyawan10.jpg

PS
病院に見舞った時の文章がありました。
http://ww4.tiki.ne.jp/~fuuen/oyaji/19_kura.htm

何でこんなにカラフルな文章にしたのだろうか??

ランキング参加中!
広島ブログ

2013年05月16日

チマチマと掃除中・・・

fuuen01.jpg

諸般の事情で、ガレージセールを展開中・・・
倉庫の作品を、どんどん補充しています。

ログハウスの撤去、ギャラリーの拡張、倉庫の縮小をチマチマと考えているのですが、
準備としての大掃除は大変です。

15坪もある倉庫の棚を撤収して、
ギャラリーや倉庫やワークショップに活用できるフリースペースにしたいところ・・・

大掃除はまだしばらく続きそうです。

fuuen02.jpg

fuuen03.jpg

fuuen04.jpg

ランキング参加中!
広島ブログ

2013年05月11日

下津井の風景

simo01.jpg

先日訪れた倉敷市下津井の風景です。

倉敷で19才から23才まで過ごしましたが、
1回だけ下津井電鉄という小さな電車に乗った記憶があり、
1回だけ鷲羽山をドライブしたことがあります。

陶芸修行の身ではボンビーですので、
友人の車に乗せてもらってのドライブでした。

当時、山陽新幹線が倉敷まで開通し、
ディスカバージャパンのブームもあって、観光客が溢れていました。

民芸陶器もお土産として良く売れていた時代だったように思います。

simo02.jpg

simo03.jpg

simo04.jpg

simo05.jpg

simo06.jpg

simo07.jpg

simo08.jpg

simo09.jpg

ランキング参加中!
広島ブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。