■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2008年12月11日

電気窯&楽焼

raku2.jpg raki1.jpg

本日は電気窯で2回目の本焼きで、
最高温度1250℃まで11時間で昇温し一時間ひっぱりました。

産業用マイコンはヤヤコシイですが、きめ細かな設定ができます。

陶芸教室の作品を中心に焼いていますので、
窯出しが楽しみ・・・

さらに近日、
野外で楽焼教室の予定がありますので、
熱くなる窯のフタを1人で持てるように番線で取っ手を付けたり、
プロバンガスを用意したりしました。

楽焼は信楽粘土のスペシャルミックスですが、試験的に石見粘土と耐熱直火粘土を焼いてみます。

18年間・・・
風炎作品は灯油窯で硬く焼いておりまして、
窯のクセ等を含めて一心同体にコントロールできますし、
それはこれからも変わりません。

反面、作り手としてのトキメキ感が薄れてきているのも事実ですので、
楽焼や電気窯への挑戦は、生きながらえるためのボケ防止の効用がありそうです。

体験講座の楽しみやイベントでの御縁もあり、電気窯や楽焼を始めた次第です。

PS
電気窯はオーブンとしても使えるようで、
耐熱土鍋やダッジオーブンを利用して温度をコントロールすれば、
家庭では考えられないような本格的な高温調理ができるのだそうです。

陶芸窯500℃で本格ピザを楽しんでいる窯元が沖縄にありました。

広島ブログ
ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!


posted by fuuen at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。