■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2009年02月13日

悶絶!!

karakara.jpg

↑↑の画像の手前のカラカラ(酒器)は、御客様からお預かりしているブツですが、
三重の万古焼の量産品と思われ、直火で10年使われたカラカラなのです。

町内の男性からの注文なのですが、直火対応の酒器で大きさは二合程度・・・
ヨナヨナ、カラカラのロクロ引きをしたのですが悶絶でした。

これまでに似たような注文が度々ありましたが、
直火対応の粘土がありませんでしたので丁寧にお断りしていました。

一昨年から使っている直火粘土は作り難いのですが、
耐熱性能は完璧で、400度でピザを焼いて熱いまま水に入れても平気・・・

しかし平皿なら作れますが、袋モノは悶絶・・・
粘土の腰がなく、水の回りが速く、ザラザラと荒い・・・
何とか作りましたが、定番作品には出来そうもありません。

修行時代の悪戦苦闘を思い出しました。

広島ブログ
ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!


posted by fuuen at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。