■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2009年07月13日

モノツクリのカケラ

tatara1.jpg tatara2.jpg

今日は勉強の日・・・

タタラ製鉄の専門家にお会いしてご意見をいただきました。

江戸期の戸河内周辺は銑鉄の一大産地で、
原料の赤目砂鉄は、山陰各地から馬で運ばれ、西中国山地の森林が炭となり、
生まれたズク鉄は加計から太田川を舟で下って、可部に鋳物産業が生まれました。

「ケラ」は鉄と炭が高温で還元反応した塊で、中心部の玉鋼は日本刀などに使われ、
チタンを多く含む「ズク」は鋳物や包丁などに使われたそうです。

いわゆるカナクソは「ノロ」といわれるもので、
砂鉄に含まれる不純物が溶けだしたもので鉄分は少ないそうです。

西洋製鉄では石灰との高温反応でノロを抽出しますが、
タタラ製鉄の場合、窯の壁(マサ土)が溶けてその役目を果たしました。

イロイロと再認識させられました。

CraftArchワークショップで探検する予定地は、
タタラ場らしき跡と、建物跡の石垣と、ズクを冷やしたかもしれない池跡があり、
カナクソが埋もれていました。
http://www.fuuen.com/OCF/hijiriko/09arch.gif

ここにはブチクソ怖い毒マムシも棲んでおります。

PS
深入山周辺のR191はアジサイロードとして整備されています。

tatara3.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!


posted by fuuen at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | モノツクリの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。