■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2009年09月28日

宮島学

67_seka2.jpg 67_seka1.jpg

本日の中国新聞朝刊の「地域学ブーム」の記事によると、
大学や研究会などが、地域の歴史文化・自然・産業・気質などを再認識しようとしてるとか。

「宮島学」
県立広島大学では公開講座や展示、学生ボランティアなどで、
自治体とタイアップしているとか・・・
さらに中国地方の教育ネットワークで情報交換をしようといている。

息長く取り組む必要があると締めくくられています。


「流れに道びかれ」
太田川のモノツクリの歴史を紹介したパンフが刷り上りました。

宮島との繋がりは、シャモジは西中国山地の木材だったり、
荘園時代の年貢がタタラ製鉄だったり、
素材が太田川の水運によって運ばれていました。

調べると宮島と太田川の関わりは、まだまだありそうですね。

先日、大学と企業と地元住民を繋いで、
タタラ製鉄の源流を訪ねるワークショップを開催しましたが、
宮島学の方々にも興味を持って頂けないかなあと思い始めました。

パンフ&ワークショップは、
太田川クラフトフェスタとして取り組んでいます。
http://www.fuuen.com/OCF/index.htm

09nagare.jpg

PS
広島カキを育てる栄養素は、豊かな西中国山地の森林の養分であり、
太田川が運んでいます。

やっぱり母なる川なのです。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!


posted by fuuen at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モノツクリの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。