■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2009年12月21日

ちゃんぷるー♪

tyan1.jpg

昨夜、季節はずれのゴーヤチャンプルーを食べたせいか、
今日、沖縄で活躍している陶芸家から電話がありました。

「ちゃんぷるー」とうい沖縄マガジンの編集長を紹介してくださり、
直接、琉球古典焼についての話が聞けました。
http://www.champroo.jp/index.html

大正時代、困窮していた壷屋焼の再生に、
奈良の骨董商が大きく関わっていた事実が明らかになるにつれ、
注目されているのが琉球古典焼なのです。

デカダン趣味な装飾過多な陶器ですが、
トロピカルな風土のなかでしか生まれない人間臭さがあります。

地域の疲弊を打破するのは外の力であり、
頑張った人が評価されないという、今でもありがちな構図が見え隠れしている。

近日、新しい図録が出版されるそうですので楽しみです。

tyan2.jpg

アチラコチラの文化がチャンプルーして、
独特の文化が育っている沖縄ですが、今もなおチャンプルーしながら進化しているのです。

PS
今夜の夕食は「パパヤーチャンプルー」でパパイヤの炒め物でした。

tyan3.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!


posted by fuuen at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | モノツクリの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。