■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2010年06月25日

カナクソ

kanakuso02.jpg

中世から中国山地一帯ではタタラ製鉄が盛んでした。

製鉄のさいに出る純度の低い鉄塊が、
跡地にはゴミのように放棄されています。

現在でもたくさん山中に眠っており、
それを陶芸の材料として使えないかと思案中。

俗称「カナクソ」、少し上品に鉄滓(てっさい)という。

似たような事例が沖縄にもありまして、
マンガンを多く含んだ柔らかくて丸い小石をサトウキビ畑で拾って、
コツコツ砕いて黒釉薬にしていました。

このマンガンは人為的なものではなく、堆積や隆起による地質的なもので、
俗称「ヒージャ(やぎ)のクソ」、少し上品にマンガンノジュールという。
http://www.gsj.jp/Pub/News/pdf/1976/04/76_04_03.pdf

また九州の上野焼の黒釉薬など、古くは浜砂鉄が利用されていた可能性があります。

いったん焼いて固まったカナクソを砕くのはブチクソ大変な作業ですが、
どのような使い方と効果があるのか探ってみようと思います。

kanakuso01.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!


posted by fuuen at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。