■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2013年04月20日

抹茶碗 その1

tyawan01.jpg

高校卒業してスグに窯元に弟子入りしたのが陶芸の始まり・・・

陶芸家の先生になって出世する気はさらさらなく、
暮らしに役立つ工芸で生きてゆければ素晴らしいといった考え。

倉敷は民芸といわれる工芸運動のメッカであり、
その理念に傾倒していたから。

仕事場に寝起きして、自炊して、僅かの給料をいただき、
仕事は教わるものでなく、見て盗めといった感じ。

で、この抹茶碗ですが・・・

湯呑や皿などの雑器ばかり作っていた窯元でしたが、
師匠は抹茶碗を少しだけ作っていました。

始めて体験した登り窯の窯出しで、30個くらいの中から、
1つあげるので自分で選ぶように申されました。

萩焼のような柔らかい肌合いが多い中、
強く焼けてグリーンっぽいものを選びました。

以後、飯碗として毎日のように使って4年間・・・
貫入(小さなヒビ)、カイラギ(高台脇の穴ポコ)あたりが、
良い色になりました。

沖縄にも持参して、のち広島に持帰り、現存していますが、
隠れ糖尿の身には、炭水化物はNGですので、もう飯碗には使えません。

tyawan02.jpg

tyawan03.jpg

ランキング参加中!
広島ブログ


posted by fuuen at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺作&DIY仏壇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。