■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2008年11月03日

電気窯

denkikama1.jpg

山の中のとある倉庫の中で、10年以上も眠っていた電気窯がある。

40cm角の棚板一枚敷きで4〜5段程度の容量・・・
使われたのは一回だけだそうでブチクソいい状態・・・
要の熱線も錆びていない・・・

一度も使われていないマイコン制御盤の説明書がないのですが、
メーカーのWEBからダウンロードしました。

う〜ん!
プログラムの設定は45ページの解説書でもワケワカラン・・・

年末までに風炎窯に運んで、電気工事して、塗装して、
陶芸教室に活用させて頂きます。

これからマイコンとの格闘が始まるのだ!

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!


posted by fuuen at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

箱書き

syo1.jpg

工芸品を桐箱に収納して、
作品名や作者号を書いて朱印を押すという習慣はかなり古くからあるのでしょう。

権力者が褒美として家臣に茶道具を与えたりしてたそうですし、
家元や高僧が箱書きをすれば、作品の価値が高まったりもしたそうです。

いずれにしても権威主義の産物なのでしょう。

風炎作品でも茶道具や酒器には箱を付けたりしてますので、
箱書文化に逆らうわけでもなく、それなりに御客様の価値観に迎合しております。

毛筆はチト苦手ですが、
仕事がら、茶碗・花器・壷・湯呑・ぐい呑などの定型文はそれなりに慣れました。

さて困るのが、
叙勲の記念品などでヤヤコシイ漢字が並んだ時・・・

近所の住職の奥様に達筆な方がおられますので助けて頂き、
窯と作品と作者名を自分で書いたりしています。

本日も急な注文を頂き、無事に納品させて頂きました。

最近はギフトの包装紙や熨斗など、コダワリが薄れてきていますが、
基本は真心ですので、御客様の御要望に沿えますよう努力させて頂きます。

年末にも別件で叙勲の記念品の御話を頂いており、
桐箱をたくさん注文する予定ですが、ファルカッタという輸入材が主流とか・・・

箱書文化もエコロジーの観点からすれば消えてゆくのかもしれません。

かなり古い駄文↓↓
http://ww4.tiki.ne.jp/~fuuen/oyaji/25_jyoku.htm

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

燈花展ランプ

touka1.jpg

間に合った・・・

画像では解り難いと思いますが、燈花展の宿題のランプが完成!
ランプのスタンドから花器を吊り下げれるし、十六夜ウサギも飛び跳ねている。

他にも試作で好評だったスタンド花器も作りましたが、
スタンド素材の銅線が無くなりましたので、明日ホームセンターに走るかは思案中・・・

さらに今夜は赤絵の窯を焼いているのですが、
明日、NEWデザインの魚紋の赤絵の食器が生まれます。

結構頑張りました。

燈花展のDMは和歌山の郵便局から福岡へ向けて郵送しました。

古民家の展示はどうなることやらで、楽しみでもある。

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

十六夜ウサギ

usagi1.jpg

9月14日の十五夜の満月は忘れてしまい、
宇宙の神秘に心を向ける余裕がありませんでした。

ならばここらでウサギを作ってみたのですが、ワンコに見えてくる・・・
焼くと白くなり、目が赤くなりますので、それなりに見えてくる予定なのですが・・・

十六夜(いざよい)の月。
満月の翌晩は月の出がやや遅くなるのを、月がためらっていると見立てたもの。

風炎ウサギは、
9月22日にためらいがちに製作し、完成は10月中旬の予定・・・
ためらいまくって来年に回すのが、いつもの流れ・・・

正月過ぎて干支を作るのも、毎年の流れ・・・

PS
本日午後、広島市内に所要で出かけましたが、
市民球場で3位を争うカープの、試合観戦のクルマでラッシュ気味・・・
サンフレッチェもJ1昇格が濃厚な展開とか・・・

ワシはスポーツに燃えないタイプですが、ためらいがちに応援しております。

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

潮吹き

kujira2.jpg

合体?

今回は大きな合体は無く、付けたり、貼ったり、切ったり、シツコイ小細工・・・

クジラのような、花器のような、香炉のような、中途半端&多目的な作品で、
乾燥して、素焼して、釉薬かけて、本焼して、一応完成いたします。

されど、潮吹きはマダマダ・・・
蓋を取って花を生けるか、香の煙をたてるか、潮吹き穴にツルでも生けるか・・・

貴方の暮らしの中で、ブチクソ潮吹きまくるしかないので、
買って楽しんでくださいね。

完成予定は10月中旬ですので、
福岡の燈花展では潮吹きパフォーマンスをいたします。

お楽しみに・・・

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

合体?

kujira1.jpg

合体?
徳利をロクロで挽いて、乾いて硬くなり始めたところを、寝かせて変形させた状態・・・

風炎陶器の場合、
左右対称のカタチは少なく、何処か凹ませるのが多い。

握り易いとか、手に馴染むとか、動きのあるカタチとか、
それなりの理由がありそうですが、真剣に考えた事は無いのです。

今回は、潮吹きなカタチを目指しています。

お楽しみに・・・

PS
今夜、温井ダム活用会議に参加させて頂きましたので、
「水陸両用バス」と「福富ダムとの連帯」を陳情いたしました。

国交省も、町行政も、民間会社も、風炎窯も金が無い・・・

大金をかけずにイベントを展開するのは可能であると思うのですが、
「太田川クラフトフェスタ」も共通の課題を抱えています。

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

合体!

gattai1.jpg

「失楽園」を夢見る今日この頃・・・

ついに合体!
上と下とを粘土で張り合わせて、側面を削って整え、背の高いカップが出来ました。

アヤシイ夜には、薔薇色のワインがお似合いですが、
一応ビールカップであり、
内側には艶消しの釉薬を施しますので、クリーミィーな泡が立ちます。

う〜ん!

失楽園な渡辺淳一、赤玉ポンの吉行淳之介、不倫を文化にした石田純一・・・
合体しそうな中年オヤジ達に警告!

このカップで赤玉ハニーワインを飲み過ぎて、最後の赤玉が飛んでもワシに責任はありません。
されど、頑張るのは自由です。

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

夜な夜なロクロ

rokuro1.jpg

夕飯後、夜な夜なロクロに向かい、2種類×50個=100個のブツを挽きましたが、
両手がドロンコですので、カメラも触れず画像に撮りにくい・・・

陶芸入門書に、ロクロ作業のマニュアルがありますが、
画像と文章で説明するには無理がある。

作り手の視線からの動画ならば、ブチクソ解り易いと常日頃思っているのです。

う〜ん!

ライトを当て、ヘルメットにデジカメを固定し、モニターを見ながらロクロを挽く・・・
夜な夜なの作業は、正面の国道から丸見えですので、キチガイな光景に見えるだろう・・・

ボケなら可愛げもあるが巨漢のキチガイは恐怖である。

PS
↑の画像の2種類は2日後に合体しますので、何が出来るかお楽しみに。

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

石ころランプ

IMG_6393.JPG

振り向けば4年前・・・
山梨や長野のクラフトマンと縁があり、風炎窯の工房イベントに参加して頂きました。

ナカナカ充実した内容・・・
練り込み陶器・鉄・石・ガラスの作品が揃い、さらに蕎麦打ちをして頂きました。
http://www.fuuen.com/OCF/photo/05part3/index.htm

そこで花仙陶房さんに「十割蕎麦」を伝授して頂きましたのが縁で、
今では蕎麦打ちが趣味になり、悪乗りして体験イベントをしたりしてます。

困った事に・・・
そこらあたりの蕎麦屋より美味しいとの評価が多く、たぶんお世辞ではありません。

11月あたりに蕎麦会を画策中です。

ログハウスに、あの時の置土産の「石ころランプ」があるのですが、
河口湖湖畔の磊造RAIZOUさんの作品で、
自然石をカットしてアクリル板を挟み、中から電球が光るのです。

今日、じ〜〜っと見つめているのですが・・・
プチパクリできるかな?

宿題に追われる夏休み後半の気分です。

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

風炎シーサー

IMG_6386.JPG

シーサーの由来など・・・

狛犬を沖縄では「シーサー」と呼び、民家の門や屋根に鎮座しており、
古くは石灰岩のシーサーが村の入口の置かれていたのです。

本土でも、神社の入口に「魔除け」として鎮座しておりますが、
向かって左に口閉じ、右に口開き、雄雌は諸説あり不明・・・

「あ・うん」は物事の始めと終わりの意味があり、
呼吸の合った所作に例えられたりもします。

中国がルーツの、龍や麒麟と同じ架空の動物であり、
そのまたルーツはエジプトのスフィンクスにあるとも言われています。

さて、
広島の太田川上流で、何故シーサーが生まれているのかと申せば・・・

ここで生まれた巨漢の「ガンボウタレ」が、
陶芸家を志し、倉敷から沖縄に渡り、12年の修行を重ねて、Uターンして、
風炎窯を始めたところ、そこそこ売れるので、18年間作り続けているのであります。

これまで、2000対近く作った計算になります。

トボケた雰囲気は、
平和ボケ&中年ボケ&色ボケの陶芸家が作ったブツであり、
さらに、怖い顔で戦っては「平和」は来ないという「崇高な理念」の表現なのです。

時が流れ、人が交流して、シルクロードを越えて、今ここに誕生!

大きいのを2対作りましたが、
窯から出るのは2月以上も先になります。

PS
このブログのアドレスは「http://fuuen.seesaa.net/」です。

広島ブログ

ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

試作品

IMG_6130.JPG

銅線を加工して黒く腐食させて、花器のスタンドを試作・・・
床に置くというよりも、グリーンが空間に浮いているイメ〜ジ!

異素材とのコラボといえばカッコイイのですが・・・

以前は、長野県の鉄の作家が特注で作ってくれていたのですが、
忙しいらしくて間に合わない・・・

銅線なら加工が容易ですので自分でやる事にしました。

陶芸を仕事にした場合、
納期のある注文制作は労働になってしまいがちですので、
ある意味、思いつきの試作が、一番楽しい時間かもしれません!

大阪での展示会に並べて、好評であれば再製作しますが、
ブチクソ好評であれば労働になります。

まあ〜その〜
陶芸家は、人も羨む自由な仕事ですが、それなりにイロイロです。

広島ブログ
ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!

posted by fuuen at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

窯出し・・・

IMG_6018.JPG

本焼後、一日開けても、作品はまだ暖かい・・・
旨く焼けました。

これから、ヘンテコ注文のダックスフンドを作って、
作品の窯出して、赤絵付をして、もう一度焼きます。
盆頃には、やっと新作の魚ぎょギョな赤絵魚紋鉢が誕生します。

広島ブログ
ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

鎮火・・・

IMG_6015.JPG

午後6時50分にて窯焼終了!

工房内温度47度、湿度90%、不快指数↑↑、ブチクソ大汗・・・
限界を超えた環境を体験しますと、
これまでの猛暑が涼しく感じるよな気がする。

結構、爽快な気分になりました。

明日は原爆記念日・・・
工房の灼熱地獄など比べようもない原子力爆弾・・・

う〜ん!

明日の窯出しも、
頑張れば可能なのですが、
やっぱり、熱いので明後日にしようと思います。

広島ブログ
ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

点火!

IMG_6004.JPG

朝9時に点火しましたが、現在の外気温は30度です。
夜7時に終了予定です。

広島ブログ
ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

窯詰め・・・

IMG_5996.JPG

盛夏!

安芸太田町は内陸で暑いトコロ・・・
風炎窯の工房は川辺ですが、トタン屋根ですのでブチクソ暑い・・・

現在、本焼きの窯詰めの最中ですが、
昼寝をしっかりして、夜中に頑張っているのでスローペース。

数日後には本焼きで1260℃で窯を焼くのですが、
工房内はいったい何度になるのでしょうか?
温度計で計ってみようかと思います。

燃料の灯油も120Lは買わないといけません。

まあ〜その〜
益々、暑くなりそうですので、そのへんのボヤキはホドホドに・・・

広島ブログ
ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

テンコモリ・・・

IMG_5971.JPG

素焼きの鉢で粘土を干しているところです。

ロクロで挽いて底を削ったり・・・
模様を彫ったり・・・
途中で落として割れたり・・・

そうした時に出る粘土(ケズリカス)を乾燥して、
水に浸して柔らかくして、適度に乾燥させてまた使います。

リサイクルのようなものです。

人件費を計算して捨ててしまう、頭のイイ陶芸家も多いのですが、
ワシは山の土から粘土を作る肉体労働を経験していますので、
簡単に捨てる気にはなれまへん!
http://ww4.tiki.ne.jp/~fuuen/oyaji/33_tuti.htm

この赤い石見粘土は、
粘りと腰がなういえ、化粧のための白土との相性も悪いのですが、
耐熱性のある硬い陶器がつくれます。

う〜ん!

根性なし&ヘルニア&飾気なし&カタブツ・・・
何かしらんが、ワシに良く似ている気がしなくもない。

ちなみに、
風炎陶器は300℃のオーブンレンジに耐えられますが、
ワシの肉体は、ここ最近の猛暑にすら、耐える根性はありまへん!

暑い・・・

広島ブログ
ナマ情報のテンコモリ!広島ブログ・ランキング参加中!
posted by fuuen at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。