■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2013年03月13日

アンダーガーミ

oki09.jpg

大掃除中の工房から出てきたブツ・・・
30年前の沖縄の国際通りには、数件の骨董屋があり、そこで買ったブツ・・・

黒いのはアンダーガーミ(油甕)で、紐で吊るして、
庶民の台所で使われていた。たぶん豚の油か?

oki10.jpg

半磁器の安南マカイは呉須の模様が気に入ったから求めた。
東南アジアとの交易が盛んだったということか?安南はベトナム。

oki11.jpg

撫子模様の花器は仏具かもしれない?
完品に近いものを博物館で見たことがあるので沖縄の何処かで作られたと思うが、
壷屋ではない気がする。

oki08.jpg

四角いのがジシーガーミ(厨子甕)は金城次郎窯で求めたB級品。

ランキング参加中!
広島ブログ

2013年03月08日

湧田マカイ

oki06.jpg

ここ数日、諸般の事情で工房の大掃除をしていますが、
紛失していた沖縄の古い陶器が出てきた。

沖縄の陶器といえば壷屋焼ですが、
それ以前の涌田焼のマカイです。

高台が大きく、シャープな感じがあり、
重ね焼きのために中心部に釉薬が掛かっていません。

引用

湧田焼は現在の沖縄県庁付近に在った窯と言われている。
相当に大規模で広範囲に散在し、瓦窯と上焼窯それぞれ専門の窯を持った。

17世紀の初めに薩摩から朝鮮人の陶工、一六・一官・三官のの3名を招聘し
製陶の指導と作陶に従事させたのがその始まりと言われている。

1682年には湧田、知花、宝口の三つの窯が王府の政策により、統合され壺屋焼となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

壷屋焼の独特なデザインは何処から来たか。

奈良県出身の黒田理平庵という骨董商がプロデュースした
琉球古典焼というデカダン趣味の陶器が源流にある。

oki07.jpg

ランキング参加中!
広島ブログ

2010年09月26日

モーウィ

oki05.jpg

体重約1kg、ブチクソ大きいスモークハムのようにも見えますが、
いったいコレは何でしょう?

oki06.jpg oki07.jpg

沖縄の瓜なのですが、名前も変な感じ・・・
味は淡白で冬瓜をチト硬くしてチト甘くした感じ・・・

で、酢物と煮物と炒物で食べました。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

沖縄フルーツ

oki03.jpg

沖縄フルーツ3点盛り

赤くてインパクトがあるのがドラゴンフルーツで、
果肉は赤と白があり、味はほんのり甘い・・・

今回は赤いので、
ポリフェノールがブチクソ多いのでしょう。

たぶん沖縄のオジイが庭で栽培したブツです。

白いのがバンシルー(グアバ)で、
果肉はピンクで種が多く、ビタミンCもレモンの10倍以上とか。

味はチト渋味があり、苦手な人もいるらしいですが、
ワシは大好きです。

緑の柑橘がシークワーサーの小粒で、レモンやカボスのように使う。

oki04.jpg


ウンチク

実践中の糖質制限食ではフルーツの糖質は好ましくありませんし、
さらに悪いのが成分調整した100%ジュース等でブチクソ悪いのです。

今回の沖縄フルーツはそんなに甘くありませんし、
ビタミンも豊富です。

ホドホドにと解釈して、ホドホドにいただいています。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

沖縄バジル

bajiru01.jpg


本日、沖縄の実家からのクロネコクール便が来ました。

サータアンダーギ、ピーナツ黒糖、バンシルー、シークワーサー、ドラゴンフルーツ・・・
たくさんの沖縄産品が送られてきました。

bajiru04.jpg


で、JAおきなわのちゃんぷるー市場で買ってもらった生バジルが300gありまして、
痛みやすいですので速攻でバジルソースにして冷凍庫に保存しました。

バジル100g+オリーブオイル180cc
+にんにく4片+パルメザン60g+くるみ30g+塩 を3回

bajiru03.jpg


これからの糖質制限食についてイロイロ考えておりますが、
オリーブオイルを多用した地中海系のソースを作り、
糖質のコントロールする予定。

バーミックスがチマチマと大活躍しそうです。

PS
午前中は町内最大手の病院で血液検査でしたが、
食事による体質改善でさらに良いデータが確認されました。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

パパヤーチャンプルー

papaiya01.jpg

パパイアはトロピカルフルーツですが、
沖縄の民家では自生している場合が多く、青いものは野菜として調理します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%A2

「パパヤーチャンプルー」
風炎カ〜サンの場合、ポーク缶詰、シーチキン、塩、だしの素で炒める。

結構美味しくて簡単です。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

にんじんシリシリ

ninjin.jpg

細切りの人参を炒めて、卵でとじて、
少しの醤油と塩コショーで仕上げた沖縄料理です。

結構、甘い味・・・
シリシリの意味はスリスリの意味らしい・・・
沖縄では専用のスリスリツールがあるそうですよ。

調理は簡単ですので試してみてください。
http://cookpad.com/recipe/549692

それはそうと、10年以上使った風炎窯の栞が無くなりそうになりまして、
新しくシリシリせねばなりません。

ninjin02.jpg

自分で印刷データを作ろうと思いますが、
6月のクラフトフェスタが終わるまでは余裕がありません。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

キャンプシュワブ

syuwa01.jpg

syuwa04.jpg syuwa05.jpg

四日目午前は米軍基地内の見学

外人住宅の見学と娯楽施設でのカジノ遊び、
嘉手納カーニバル、普天間基地内の戦闘機見学、ハンバーガー・・・
読谷に住んでいた頃、若い米兵と友達になれて普天間基地内に潜り込んた事がありました。

今回、沖縄米軍基地ベース内に入れたのは4回目です。

北部東海岸のキャンプシュワブのビーチには、
ビーチバレーコートやバギーや砂場?のようなものがありました。

この先の海に普天間ヘリポートを移設する予定でしたが、
鳩山政権下ではヤヤコシイ状況になっていますね。

syuwa02.jpg

syuwa03.jpg

基地の組織づくりは、
人を信じることよりも疑うことを前提としています。

兵隊のワルサを監視するためのポリス、そのポリス監視するそのまた上のポリス、
そのまた上の機密組織、上層部しか知らない監視カメラが基地内のアチラコチラにあるらしい。

ゆえに安易なデジカメ撮影は逮捕されそうで、最悪の場合は日米問題に発展するかもしれん。

隠れるように車の中から風景をパチリ・・・
バーガーキングのドデカバーガーは持帰りでパチリ・・・

syuwa06.jpg

基地内のトイレの便器はワシの体形にフィットして大きくて素晴らしかったのですが、
監視カメラが怖くてパチリはアキラメました。


米軍基地の存在は沖縄経済に深く関わっており、
一万人以上といわれる一般人からの雇用、軍用地地主の借地料収入、
軍人相手の飲食店や車の販売・・・

米軍基地の騒音問題は深刻ですが、
もし全て撤退すれば沖縄の経済がヒックリカエルのは間違いありません。

今回は基地内で働く義兄のパスポートと同伴で珍入できましたが、
一般の観光客が入口ゲートを通過することはマズできませんのであしからず。


今回の三泊四日の沖縄旅行は、
初めて沖縄を訪れた時の感動の再認識ができました。

亜熱帯の光と海と島があり、東南アジアとの交流の歴史があり、
観光産業と軍事施設を柱とした地域経済があり、
暑くてカラフルな色彩の風土があり、
人の暮らしがある。

料理も陶器も芸能も、
内地的なワビサビのシンプル志向とはまた違ったデコラティブな強さが似合います。

それぞれの風土に裏打ちされた価値を尊重すれば、
人ソレゾレのイロイロな想いに心傾ける包容力が芽生えてくるものですね。

ある意味テーゲーでスローな県民性もここらあたりに起因するのかもしれません。

syuwa07.jpg

午後ジミーで好物のバナナパイを土産に買って那覇空港に向い広島に帰りました。

お世話になった方々に感謝いたします。

syuwa08.jpg

PS
沖縄やアイヌのDNAは南方系の縄文人らしいですが、
こんなツアーコースを発見しましたので、また機会があれば参加したいと思います。
http://www.gangala.com/

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

読谷界隈

yomi05.jpg

yomi04.jpg

三日目午後は読谷散策

壷屋が市街地なもので、煙のでる薪窯を焼くのが難しくなって、
陶芸工房の多くが移転しているのが中部の読谷村です。

四半世紀前ですが、
喜名、座喜味に8年くらい住んでいましたのでチト徘徊してみました。

yomi01.jpg

yomi02.jpg

yomi03.jpg

安い食堂でタコライスを食べたら、地元で作られた唐草模様の陶器で出てきました。

手作りの陶器は量産品よりも高価ですので、
それなりのレストランで使われる場合が多いのですが、
カラフルな南米料理や地元陶器がすっかり土着している感じですね。

3年間修行させて頂きました陶真窯の作品と思われます。

yomi06.jpg

yomi08.jpg

偶然に残波岬で陶器のイベントが開催されていましたので見学しましたが、
来場者も多く賑やかでした。

沖縄陶器のスタイルが大きく変化したようにも思えませんでしたが、
知らない陶芸家が多かったです。

修行当時、お世話になりました陶芸家の工房にお邪魔いたしまして、
近況報告と沖縄陶芸界の裏事情をリサーチ。

内地ではすでに深刻な不景気が、
沖縄では少し遅れて広がりつつあるというのが実感でした。

yomi07.jpg

yomi09.jpg

少し海岸線をドライブしたところ、
道路もリゾート施設も整備されて様変わり・・・

5分間ですが碧い海をボケ〜ッと眺めました。

PS
早朝の大地震で友人の陶芸ギャラリーに被害があり、
上記のイベントもチリからの津波警報で途中から中止になったそうです。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

トロピカルフルーツ

toropi01.jpg

三日目午前は「チャンプルー市場」

JAが運営している野菜市ですがフルーツが豊富で、
観光客相手の土産物店よりはブチクソ格安でしたので少し買ってきました。
http://www.ja-okinawa-fm.net/store/tyubu.html

パッションフルーツ
http://www.kudamononavi.com/zukan/passion.htm

二つに割ると黄色い果肉と種がクチュクチュとあり、
味が濃厚ですのでヨーグルトやアイスクリームに乗せるといいかもしれません。

ホジホジしていると鳥になった気分・・・

toropi02.jpg

黄色いカニステール
http://www.okinawa-fruit.com/category/frushop/cani.html

マンゴーをイメージしてたら大間違いで、
ホクホクしたサツマイモやカボチャの食感で微妙な味・・・

結局、天プラにして食べました。

島バナナは小さいです。 

toropi03.jpg

シークワーサーとタンカンを掛け合わせた新種の柑橘

toropi04.jpg

スターフルーツ
http://www.kudamononavi.com/zukan/starfruit.htm

toropi05.jpg

上記は不思議なフルーツで不思議な味なのですが、
慣れると不思議に美味しく感じることが多いのも事実なのです。

ドラゴンフルーツやバンシルーは好物で夏が楽しみ。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

玉泉洞

gyoku01.jpg gyoku02.jpg

二日目午後は「玉泉洞&おきなわワールド」

沖縄南部にある東洋一の鍾乳洞エリアに古民家を移築して、
各種の工芸体験やハブショーを展開している観光施設でした。
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/index.html
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/taiken-syuryo.pdf

gyoku03.jpg

gyoku06.jpg

gyoku04.jpg

エイサーです。

gyoku09.jpg

吹きガラス工房を見学しました。

gyoku08.jpg

gyoku05.jpg

こちらも台湾からの観光客がブチクソ多くてレンタカーで徘徊しているらしい・・・

こうも台湾人が多いと工芸品の接客販売が難しそうですので、
台湾と琉球の交流、歴史や工芸品の特徴などを、
台湾語のパンフや栞でアピールする必要がありそうですね。

何故に台湾から沖縄かと思えば、
豪華クルーズ船を利用した安くてリッチなツアーが企画されているのですね。

工芸体験は閑散としていましたが、
修学旅行シーズンになると忙しい事でしょう。

昼食はソーキそば

gyoku07.jpg

帰りにカ〜サンの親戚2カ所にお邪魔して、
夕食は両親と兄弟と甥姪たち30人が集まり食事会を開いてくださいました。

そしてその夜、
沖縄では99年ぶりの大地震がありました。

PS
25〜30才まで、
沖縄中部の恩納村の「琉球村」で勤務した経験がありますが、
沖縄の観光施設で初めて陶芸体験を始めたところです。
http://www.ryukyumura.co.jp/

ハブショーもありましたので、
「絶倫ハブ粉」の試食ができましたが効いた感じはしませんでした。

あの頃はいつでも絶倫・・・
50才を越えた今となってはブチクソ効きそうな予感・・・

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

首里城

syuri01.jpg

syuri03.jpg

二日目午前の首里城

8年前に訪れた時は、展示資料の撮影は禁止でしたが、
今回はケータイで撮影している人が沢山いました。

監視の方に聞いてみると黙認しているようで、
台湾からの観光客がブチクソ多いのが印象的でした。

正殿の玉座の裏には「おせんみこちゃ」という鍛冶祈祷の間があり、
不安定な政治の裏には神の力が必要なのかもしれません。

弥生後期の佐賀の吉野ヶ里遺跡も政治とシャーマニズムが同居しています。

総理大臣がコロコロ変わるJAPANですが、
天皇制があるからこそ安心できるのかもしれませんね。

日本の神社仏閣の古びた味わいはワビサビですが、
中国や沖縄では、建築当初のキンキラキンに修復するようですね。

外壁の漆の再塗装の工事中でした。

syuri05.jpg syuri04.jpg

syuri02.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

壷屋界隈 その3

makisi02.jpg

makisi03.jpg

makisi04.jpg

夕食

牧志公設市場の1Fの魚屋さんで魚を買って2Fの食堂に持参すれば、
イロイロ調理してもらえます。

調理済みの刺身を持参した場合、
食堂で飲物でも注文すれば宜しいらしくて、
オリオンビールとゴーヤチャンプルーを注文しました。

初めて食べた海ブドウのプチッとしたネットリ感は珍味でした。

のち沖縄三越を散策して、バスで実家のあるコザに向いました。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

壷屋界隈 その2

tubo07.jpg tubo08.jpg

tubo09.jpg

壷屋焼博物館の展示資料は、
一部撮影が許可されていましたので紹介。

おもに壷屋焼は上焼(主に施釉)と荒焼(焼き締め生活雑器)に大別されており、
荒焼には水甕、酒壷、油壷、瓦、シーサーなど、さらに土葬用の厨子甕があります。

備前焼に似ているのですが、独特の赤味のある窯変が特徴です。

壷屋は繁華街や市場に近く、
今回も頭に荷物を載せたお婆さんに出会えました。

焼物と生活が強く繋がっていたエリアなのでしょうね。


近くに牧志公設市場があります。

makisi01.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

壷屋界隈

tubo01.jpg tubo02.jpg

tubo04.jpg tubo03.jpg

tubo05.jpg tubo06.jpg

3泊4日の沖縄旅行から帰ってきました。

広島の山奥の2月の服装は、
上はTシャツ+ネルシャツ+フーリス+ブルゾン(朝方のみ)
下はズボン下+ズボン
でした。

那覇空港ではTシャツに首からタオルを巻いて大汗・・・
気温差がブチクソ激しく体温調整が大変・・・

夕方に壷屋界隈を散策しましたので画像を紹介します。

近くの骨董屋で琉球古典焼の素晴らしいブツを発見しましたが、
25万円では買えませんでした。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

沖縄行き

56_tubo1.jpg 56_tubo3.jpg

明日から4日間の予定で沖縄に行ってきます。

一番の目的は、カ〜サンの実家への里帰りで、
両親始め兄弟や親戚に日頃のご無沙汰を詫びることであります。

娘にカレシが出来たりして、父親の気持ちを考えたりして、
イロイロと我が身を振り返ったりして、
たまには沖縄に帰らねばと思ったのです。

明日の午後は壷屋を回って、琉球古典焼の骨董店を回って、
市場で沖縄ソバでも食べます。

56_tubo7.jpg 56_tubo8.jpg

沖縄時代の友人に電話したところ、
27・28(土日)が「残波陶器まつり」とかで、
読谷の陶芸家のイベントがあるらしいので出向きます。

楽しみ・・・

PS
↑↑の画像は8年前のもので、↓↓も8年前の駄文です。
http://ww4.tiki.ne.jp/~fuuen/oyaji/56_tubo.htm
http://ww4.tiki.ne.jp/~fuuen/oyaji/57_park.htm
http://ww4.tiki.ne.jp/~fuuen/oyaji/58_mura.htm
http://ww4.tiki.ne.jp/~fuuen/oyaji/59_syuri.htm

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。