■■ 風炎窯の営業日のお知らせ ■■


   ● 工房アクセス   ● バス時刻表   ● 今日の天気   ● 陶芸教室(予約制)   ● DM請求

2012年07月05日

マツダ財団 交流会

mazda10.jpg

マツダ財団の交流会がありましたので参加しました。

解ったようで解らんのが、NPOやボランティアの概念ですが、
助成の説明や、参加者の発表で、チト解ってきたような気がしてきた。

で、全然ワカラン【フェイスブック】とやらの話しに時間が割かれましたが、
ワシ的には、現在のブログだけでもイッパイイッパイです。

【ツイッター】もよう解らん・・・

mazda11.jpg

mazda12.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!

2011年12月11日

広島ツーリズム大学

yuki29.jpg

広島ツーリズム大学の成果発表会がありましたので聞かせていただきました。

気付


風の人(ヨソモノ)地の人(ジモト)両方の目線から分析したマップ作り
歴史・活動・気持を表現する。


子供会活動や地域通貨を活用したコミニュティー新聞の発行。


湯来地区(交流私設)と湯ノ山(スポーツ施設)を対比させながら、
単なる温泉ではなく、個性を特化させたパンフ制作活動。


ウォーキングコースを設定した癒しのヘルスツーリズム。
スタンプラリー、ヘルシー料理、ウェア・靴の講座、ノルディック、温泉宿泊など・・・
母娘目線に特化した絆を表現。

優勝されたDグループの内容は、安芸太田町のヘルスツーリズムと同じ内容ですが、
「絆」の表現から次々ヒントが湧いてきます。

講師陣はソツのない評価をされているという感じ・・・

yuki30.jpg

「安芸太田しわいマラソン」の忘年会に参加しましたが、
スポーツイベントというよりも、「お遍路ツーリズム」と解釈すれば、
個性が際立つ。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!

2011年06月15日

森林セラピーとは何か?

sinrin01.jpg

「森林セラピー」の説明会がありましたので拝聴させていただきました。

森林浴の身体ストレス効能を数値化し、クリアした場合認定されるとかで、
安芸太田町が観光戦略として取り組むそうです。

ストレス値の高い若者を選んだうえでの計測値がベースとなっており、
森林が好きな人は改善するようですが、
ストレスのない人や、森林が好きでない人には効果が少ない。

幅広い世代の数値比較、海の癒し効果との比較など、
これから検証されるということなのでしょう。

う〜ん


何らかの観光理念があって、
認知されるためのツールとしては機能しそうですが、
理念が無ければ撃沈しそうな予感・・・

4ヶ所のセラピーロードの選択の基準が不明瞭なようですので、
地域のシガラミに発展しなければよいのですが・・・


太古から森林で生きてきた人類の歴史に比べて、
都会暮らしはここ最近の出来事です。

縄文回帰の糖質制限食&森林セラピー

そう考えると面白そうなので自己計測してみようかと思うのですが、
個人向けのニプロは気候温度に影響されるとかで、
アテにならないらしい。
http://www.nipro.co.jp/ja/news/2007/document/071217_2.php

何かモヤモヤ感が残るツーリズム会議でした。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!

2011年04月21日

マツダ財団

mazda13.jpg

mazda14.jpg

mazda15.jpg

太田川アクティブアーチ(太田川クラフトフェスタ+三段峡たたらツーリズム宣言)
本年度の活動に対してマツダ財団の助成が承認されましたので、
進呈式と交流会に参加させていただきました。

助成にもイロイロありまして、
マツダ財団の場合は青少年育成を目的とされています。

だから参加者はセビロを着た教育関係の方、お役人、NPOの理事の方が多くて、
ワシには場違いな感じ・・・

チラシや名刺をバラ撒く人は少なく、挨拶もカチコチでしたが、
イロイロな方と知り合えたので良かったです。

マツダ財団の宣伝もガンガンやったほうが良いみたいですのでブチクソ頑張ります。

たたらの歴史&モノツクリ産業&マツダの企業理念
何となく強力タッグが組めそうな予感がする。

で、本社の総務の方に某マラソンの協賛資料も手渡しましたがチトしわい感じでした。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!

2011年04月01日

安芸太田未来戦略会議 その10

mirai03.jpg

mirai04.jpg

安芸太田町で始まった未来戦略会議がらみの講演会があったので、
参加させていただきました。

「ブランド戦略について」

どうも大手広告代理店の営業活動のような感じで、
ワークショップがらみの各自治体の成果報告のようなものでした。

見つめれば・・・

昨年から始まった「未来戦略会議」はヘルスツーリズムをスローガンに、
癒し・健康・自然をアッピ〜ルして町のブランドを作ってゆくのが基本方針。

これまでの会議内でのワシの主張は、
たたら製鉄から派生する歴史文化を、未来に向けて展開しつつ、
人・感動・物語をアッピ〜ルするというマニアックなものでした。

ま、却下され続けてきたわけですが・・・
ま、しぶとく「三段峡たたらツーリズム宣言」をやるわけですが・・・

で、ここに来て未来戦略会議の採択文の片隅に、
これまで無かった「たたら製鉄」加わっているのがチト不思議に思える。

何でだろ〜

mirai06.jpg

説得型から共感型へ・・・

情報革命で宣伝広告が商品の価値を押し付ける時代は過ぎ去り、
個人の感想や感動がユルリとつながる関係が価値を作ってゆく時代が来たそうな。

う〜ん

地域の個性をベースにしたメディア向けのキャッチで人目を引き込み、
そこにはホンモノの物語があり、小さな感動が生まれればそれで良い。


ピコピコピコ・・・

癒し・健康・自然・ヘルスツーリズムのブランド戦略とは何だ?

ヘルスツーリズムには健康的な良いイメ〜ジはあるものの、
ややもすると過疎地の医療危機が露呈しかねないのではないか?

制度や肩書きだけのセラピーではつまらん。
これからどう深めてゆくのか?

シュワッチ!

mirai03.jpg


広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!

2010年12月15日

広島ツーリズム大学 その4

yuki15.jpg

今年から始まった広島ツーリズム大学には、
1月の設立総会、10月の講義の2日間、最後の発表会に参加させて頂きました。

設立総会での学長の基調講演での観光の現状分析は勉強になりましたし、
連携不足の広島に苦言を申された講師もおられました。

で、その現場を熟知されているであろう講師の講義にだけ参加させて頂き、
ブチクソ刺激を受けました。

で、最後の成果発表会ですが、ワシはただ聞くだけの公聴生です。

気付

グループ@ 孫悟空の旅をもじりながらの提言でしたが中身が何も無かった。
グループA 集客ターゲットの絞込み。解り易いデザインのマップ作り。
グループB コンニャク、女性、ヘルシー、癒しなど、イロイロ混ざった里山テーマパーク宣言。
グループC 学生コンペの空家改修による、奥座敷のさらに奥の温泉合宿所作り、採算ベース。
グループD 住民による温泉街の景観づくり。テーマソング、ライトアップなど、長門りばぶりお♪のパクリ?
グループE 消滅集落の掘り起こし。不便を売る。電気のないイベント。棚田利用。

評価

学長 各グループの的確な内容分析とお褒めのお言葉。
他の講師 それなりのお言葉。
最後の講師 コンセプトリメイク、実現性についての苦言 核である人(湯来人)が見えてこないとのことへの不満。

広島ツーリズム大学は来年度も継続されるようですが、
また苦言をくださる講師に来て頂けるようであれば参加したいと思います。

楽しみ・・・

新聞画像で後光が写っている方です。

yuki12.jpg
yuki13.jpg
yuki14.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

安芸太田未来戦略会議 その9

mirai01.jpg

mirai02.jpg

7月からスタートした安芸太田未来戦略会議が終了しましたが、
5ヶ月間に11回も開催されました。

観光部会の最後のまとめ

観光協会・太田川清流塾のビジターセンター化、外部人材の公募
ヘルスツーリズム観光のシンボルとして「森林セラピー基地」の指定
安芸太田町病院等との連携によるセラピー事業の推進
全町ウォーキング公園化構想に基づくコース整備等の実施
田舎体験・農林漁業体験や地域の自然を生かした体験メニューの開発
「農家民泊」による修学旅行生等の誘致活動
観光協会HPのリニューアルによる情報発信力強化
町内のITC人材の育成

で、最重要懸案は「ビジターセンター」「森林セラピー基地」であり、
核となる人材と財源に不安があるようで来年度にどれくらい進むのかは解らん。

で、好きでなかったKJ法もマトメテくださるとブチクソ解り易いし、
参加してない町民の方々にお知らせするにも便利だと思います。


ピコピコピコ・・・

町民サイドからは未来戦略会議は何やっとるんか解りませんので、
行政サイドには説明義務があり、これからイロイロ頑張られる事でしょう。

運営や人間関係などで困った時は、
SWOT分析で弱みは切り捨て強い未来を見つめるウルトラビームが必要です。

じゃないと何も進みません。


ワシの場合・・・

当初から提案していた「たたら製鉄」はマニアック過ぎるので外れましたが、
健康で元気な未来をイメ〜ジするヘルスツーリズムが本筋なのは当然だと思います。

でも、有難いことに各方面の方々からたくさんのエッセンスを頂きましたので、
おもいっきりマニアックにやってみたい事が芽生えてきました。

「三段峡たたらツーリズム宣言」

只今、準備中ですが来年の初夏には実現できるように準備中・・・
http://nagareni.seesaa.net/

森林セラピーのように外部組織の認定を頂くには、お金と事務労力がチト大変ですので、
タタラーは真実を自ら勝手に宣言するのだ!

ゲリラな陶芸家で申し訳ありません。

シュワッチ!

mirai03.jpg


PS
未来戦略会議中にガムを噛んでいた町職員がいてチト違和感がありましたが、
近未来のマナーモードも変わるのかもしれませんね。

mirai09.jpg

未来戦略会議のキャッチコピーであった「金もうけ」は、
予想どおり簡単ではない事を再確認しました。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

ダムしゃべる その2

dam02.jpg

dam03.jpg

今夜、しわいマラソンの実行委員会がありまして、
「ダムしゃべる」のチラシを頂きました。

是非、ご見学ください。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

ダムしゃべる

dam01.jpg

12日夜に温井ダムをスクリーンに使ったインスタレーションが開催されます。
主催 広島市立大学

「温井ダム活用会議」が2年前に芸術イベントの開催を打診したとの記載がありますが、
それ以前から毎月の会議をシツコク重ねておりまして、
私も住民代表として大学での会議に出席させていただきました。

正直、大学サイドは厳しい反応でしたので、
あきらめて「しわいマラソン」に方向転換したのが裏事情なのです。

当時の温井ダム所長は転勤されましたが、
陰の御尽力を知るものとしてお伝えしておきます。

アイディアがカタチになるまでには時間がかかると実感している次第ですが、
若い方々のフレッシュな創造力で、疲弊した地域に活力を与えていただけましたら幸いです。

お楽しみに・・・

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

安芸太田未来戦略会議 その8

mirai20.jpg

第8回(欠席)第9〜10回は出席で11月は3回も召集されました。

イロイロ話が具体的になってくると現実的なシガラミが見えてきますが、
未来を戦略するのであれば当然のり越えてゆくべき道なのでしょう。

日頃、行政主導で体験ツーリズムを取りまとめている「太田川清流塾」は、
チト硬直化しているなと案じてはいました。

さらに、商工会も観光協会も似たような状況らしく、
リアルな話をイロイロ聞けたのは収穫でした。


何故なら・・・

モノツクリの人間関係もナカナカに難しいものなのです。

そんな中で、地位も名誉も捨てた不思議な陶芸家は、
あえて組織のシガラミから距離を置いて自由に活動しています。

勝手に「クラフトフェスタ」や「ワークショップ」や「カレー物語」などを始めて、
地域おこしを演じながら好き勝手にやっているようなものなのです。


う〜ん

安芸太田町の未来戦略は、森林セラピー・ヘルスツーリズム・ウォーキングなどで、
「健康・元気」をブランド化してゆくことになるのでしょう。

地域おこしもツーリズムもその核は人間であると悟り、
無骨ながら人に感動を与えられるような陶芸家にならんといけんと再認識した次第なのです。

あまり好きではなかったKJ法も、
ここまでヤヤコシクなるとワシのような脳ミソタラズには必要だと解りました。


これからのワシの未来戦略・・・

SWOT分析を駆使して、強み弱みを織り交ぜながら、無駄なところは手抜きしながら、
気楽に生きてゆこうと思います。


ピコピコピコ・・・

金もないのにボランティアのような会議が多過ぎて、ウルトラボンビーまっしぐら、
これからは目が回るほどロクロを回して頑張るしかありません。

シュワッチ!

mirai03.jpg

つづく・・・

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

広島ツーリズム大学 その3

yuki15.jpg

2日目 「体験インストラクター実践編」

セミナー受講者の一人が突然にインストラクターに抜擢され、
他はお客さんとなって会場周辺の公園で自然観察プログラムをやってみました。

参加者すべてが一体感をもてるようなサークル配置や日当たり・・・
インスト自己紹介、趣旨説明、参加者あいさつ・・・
道端の雑草、河原の石を使った解説・・・

インストラクターとコーディネーターの違いすらも解らない自分が見えてきました。

yuki16.jpg yuki17.jpg

yuki14.jpg

yuki18.jpg

気付

体験ビジネスは感動ビジネス!
参加者は地域の人との交流や自然文化に触れ、深い理解や感動に導かれる。

インストラクターは教える部分もあるが参加者との交流で教えられる部分もあるので、
接客業のような挨拶は不要で友達のような自然な態度が好ましい。

都市と田舎の交流の社会的理念を明確化する必要があり、
清掃、植樹、農業など、体験にボランティアの要素を加えたツアーもある。

体験プログラムの中心は「人」であり、
その参加者との相互交流から地域の誇りが生まれ元気になってゆくのが好ましい。

インストラクターはプログラムのねらいを自ら整理して企画書を製作するべきで、
ボランティア運営は不可能と悟り、
価格設定の実例を勉強しNPOや旅行会社の集金システムの利用を考える。

体験プログラムの参加者数は10名までが限界。

太田川水系は白い花崗岩ですが支流の水内川の石は綺麗な緑色であり、
源流の冠山や温泉変性などの地質的な物語ができないか?


で、今考えているのは「ブチクソすぱるたde陶芸ロクロ体験」です。

ターゲット=都会のワガママな小学生
コンセプト=最低限の準備しかしない、陶芸は難しい、悔しさを知れ、掃除して帰れ!
       陶芸家は怖い!昼食はダッチオーブンを貸すので自分で作れ!
       最後ににウルルンと泣くがいい・・・
       悔しい思い出が君たちの将来の糧になるように心の奥で願っています。


ピコピコピコ・・・

イロイロ勉強し過ぎて、脳ミソのミソのミソの量が足らん・・・
今だにワンワン舞っています。

シュワッチ! シュワッチ! シュワッチ!

mirai03.jpg

つづく・・・

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

広島ツーリズム大学 その2

yuki03.jpg

今年の1月に広島ツーリズム大学の設立総会に参加させていただきました。
http://fuuen.seesaa.net/article/139720964.html

で、その時に講演をされた観光カリスマ先生が非常に印象的でしたので、
急遽、16・17日の講義に内容も解らぬままに飛入参加させていただきました。

yuki09.jpg

yuki10.jpg

1日目 「地域コーディネーター養成」

気付

観光のついでにではなく、体験のついでに宿泊や食事がついてくる。

失敗例として、補助金ありきのモニターツアー、ハコモノありきの体験、
実態と離れた美しいだけの観光パンフ・・・

「もてなしは持ち出し」無償のボランティアは続かない。

モノツクリ、歴史、技、職人気質などに誇りを持つ。
中国人のブランド志向⇒MadeInJapanへの憧れ⇒自国への不信。

観光窓口はケータイ電話が使われる場合もよくあるらしく、
湯来の場合も熱心な行政マンが自腹で熱心に取り組まれている。(24H)

修学旅行の民泊が急増中であり、
限界集落は「ほんまもん」の宝庫(地域リーダー)

地域リーダーは、「やってしまわない」「語り過ぎない」
言葉のキャッチボールのなかから感動を導く。

準備と片付けは出来るだけ参加者にさせ、お客様扱いしない。

日常のストレス⇒旅の目的⇒心の浄化
人間関係によって生まれたストレスは、自然やペットや温泉や食事で癒されるものではない。

人との交流⇒知識⇒発見⇒感動!
自分の器が大きくなって日常に帰る・・・

体験ビジネスの核は人との交流であり、
背景にある地域文化、その気付による感動である。

ウルルン・・・

yuki12.jpg

体験プログラム

真っ暗な山の中での月見、篠笛演奏、田舎ダンゴ・・・
地元神社での祭り、夜神楽見学・・・
座談会・・・

yuki13.jpg

yuki11.jpg

非常に刺激的な内容で、今でも脳ミソがワンワン舞っています。

シュワッチ! シュワッチ! シュワッチ!

mirai03.jpg

つづく・・・

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

安芸太田未来戦略会議 その7

mirai19.jpg

番外編 10月3日(日) グリーンスパつつが

安芸太田未来戦略会議の隊員として、
広島大学の教授・博士で経営戦略の専門家でいらっしゃる井上先生のOB会に参加させていただきました。


mirai08.jpg

資料として、KJ&SWOT分析、カナクソ、隅屋絵巻、流れに道びかれ&クラフトアーチのパンフ

始まりは、あまり好きでないKJ&SWOT分析の資料の通読・・・
スグ概要をお伝えできるので、こんな時には役にたつのだなと再認識・・・

大学教授、企業家、システムエンジニア、大学生が参加されいる場に、
安芸太田未来戦略隊員3名が参加しましてイロイロと報告&ご教授いただきました。


ワシの場合・・・

たたら製鉄の歴史、クラフトフェスタ、ワークショップ、しわいマラソン、
さらにKJ&SWOT分析では語れないようなリアルな裏事情など

安芸太田ブログRSSプログラム&安芸太田ジオラマカレーコンテストについての、
ご意見や予算などをお聞きしました。


ピコピコピコ・・・

全体に「魂」に欠けるとの手厳しい評価でしたが、
物語をメインとした手法、ターゲットの絞込み、たたらの歴史による企業連携など、
チト評価していただけたようなフシもありました。

湯布院、門司カレー、季節グルメ、都会人のニーズ、健康志向、サロマ湖マラソンなどのご意見を伺い、
多くの観光資源&高速道などブチクソ恵まれた状況を外から目線で指摘されました。


地域の活力が疲弊している状況で、
行政枠を越えて素直に外のお力をお借して、
豊かな西中国山地や太田川を共有の財産として活用できるような流れ・・・

地域からの物語の発信によって、人それぞれの物語が生まれるような流れ・・・
「安芸太田」の認知アップの手法などイロイロ考えています。


今回のご縁から何かが始まる予感・・・
ブチクソ元気をいただきアリガトウございました。

シュワッチ!

mirai03.jpg

mirai17.jpg mirai18.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

安芸太田未来戦略会議 その6

mirai15.jpg

第7回 9月27日(月)

会議にはなるべく簡単な資料を持参してゆくのですが、
今回は北九州の現代アートのイベントのチラシ。

「産芸ものがたり」というサブタイトル、鉄産業の歴史、産業遺跡、産学連携、
北九州の街のアチラコチラで開催されている期間限定のゲリラ的なイベント手法が面白い。


で、肝心の会議ですが、
コンサルタントがマトメテくださった各種の分析資料はチト置いといて、
今後に向けての戦略・実現性・方向性・事業手法・予算・シガラミ・ハッタリ・情報操作・・・

ここでは書けないようなドロドロした領域に突入してゆきました。


合併当初に行政・町民の未来ビジョンとして策定された計画書があるらしいのですが、
いかにもコンサルタントが儲けただけのカチコチな内容らしく、
具体性・数値目標もないらしい。

で、今回の未来戦略会議の提案の内容次第では、
その計画書&観光交流課&観光協会の再編成に繋がってゆく可能性があるとか?


さらに大樹を見つめれば・・・

水を幹とした物語(太田川・西中国山地・峡谷・森林セラピー・健康・農業・自然遺産)
火を枝とした物語(たたら製鉄・神楽・集落・共生・工芸・料理・産業遺産)


さらに未来を見つめれば・・・

そこから生まれる物語(エコツアー・セミナー・ビジターセンター・ワークショップ・産学連携)
物語をどう語るかの物語(ガイド・翻訳・チラシ・パンフ・ブログ・DM・マスコミキャッチ・口コミ)


さらに実現に向けて・・・

予算・収益・観光の小型化・不景気・人口減少・キチガイ的なリーダーの不在など、
これらの問題をどう克服してゆくのか?


ピコピコピコ・・・

過疎高齢化は田舎の現象として解釈されていますが、
都市部の古い団地、老朽化してゆくマンション、やがては日本中に広がってゆくでしょう。

会議の参加者は、行政・団体・企業・町民の代表者ですが、
危機的状況を乗り越えるために、自分の利害を超えた視点で考えていらっしゃいます。


う〜ん

会議室の扉を開けて外に出ればイロイロな怪獣が現れるに違いない・・・
ウルトラマンは誰だ!

町長か 県知事か 大臣か 総理か G7か もしかしてワシか

シュワッチ!

mirai03.jpg

最後に笑うのはカネゴンか?

mirai09.jpg

PS
情報や経済や資源や物流が、行政枠や国境を越えて広く循環している時代において、
いったい幸せな暮らしとは何でしょうかね?

連携の先には循環がありそうなのでサスティナビリティを勉強中です。

mirai16.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

安芸太田未来戦略会議 その5

mirai13.jpg

第6回 9月13日(月)

その前日、展示会の搬出帰りに立ち寄った山陽道の下松SAで、
ブチクソ興味深いパンフを発見しました。

宇部・美祢・小野田連携による大人の社会見学バスツアー

近代産業遺産・コンビナート・セメント・石灰石鉱山・鍾乳洞・伝統工芸などと
地元グルメのコラボレーション。

地質、共生、産業を繋げた観光物語が見え隠れしており、
未来戦略会議の資料として配布いたしました。


う〜ん

近隣の市町村と広域的な連携ができない安芸太田町の現状を憂いていたところ、
観光交流課の方から広島の観光パンフレット&ガイドマップを頂戴しました。

mirai14.jpg

広島・宮島・岩国との連携の根拠として、
戦国武将の毛利元就を核としているのですが、
どう現代生活に繋がるのかイメ〜ジが沸いてきません。


思うに・・・

連携とは難しいもので、
どこかに強力なリーダーシップと戦略がないとマトマラナイのではないでしょうか?

宇部市主導、広島県主導、広島市主導・・・
これまでに安芸太田町が主導した広域的な事業はあるのだろうか?


太田川清流塾

やまなみ大学(広島県主導の体験講座)と連携しながら、
太田川をテーマに下流の広島市と連携し、
広域展開してゆくのだろうと期待していました。

設立から5年以上も経過していますので、
現状報告のようなものがこれからあるのかもしれませんね。


ピコピコピコ・・・

今回の未来戦略会議は、
安芸太田町の課題と強みについてKJ法で分析したデータを、
さらにSWOT法で分析して結果を導いてゆく予定でした。

が、カチコチ過ぎて話が進まず、
コンサルの方々が途中で方向転換してしも〜た。


思うに・・・

各データはタテマエであり、
実行するにあたっての関係者の心理、プライド、シガラミなどは考えていません。

分厚いコンサル資料を頼りにハコモノが作られ、完成したのちに問題が生じる・・・
これまでの行政主導のソフト事業はそんな感じなのでしょうか?


提案

たたら製鉄の歴史を核とした太田川流域の自然・共生・モノツクリ産業との観光物語・・・
三段峡の奇石や滝や巨木を縄文時代と絡ませながらの秘境的なイメ〜ジ戦略・・・
産業遺跡の発電所・王泊ダム・奥滝山峡ダムに温井ダムを加えた社会派ツアー・・・

情報発信ツールとして、
広島ブログを真似た安芸太田ブログのRSSシステム構築・・・

さて、安芸太田の未来はどうなる?

シュワッチ!

mirai03.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

安芸太田未来戦略会議 その4

mirai10.jpg

第5回 9月8日(水)

ハイペースで展開されている未来戦略会議ですが、
前回トンズラしたのでさぞかし前進しているだろうと思っていましたが、
KJ法とやらが何となくアヤシイ・・・

「観光物語」を核として、人材、資源、サービス、住民&行政意識を分析しているのですが、
「観光物語」というイメ〜ジを文章にするのはチト難しい・・・

で、勝手に資料を持参しました。


大阪のてっぺん(北)にある、安芸太田に負けないくらい田舎の町の観光ガイド。

本の特徴

読者ターゲットを大阪のギャルに絞り、始めて訪れる人向けの内容。
紙面デザインが各ページバラバラで統一感がないけど飽きない。
人の紹介がオジサンばかり。
書店で目立つキャッチコピー&デザイン&装丁(変形サイズ)

物語性

プロローグ 「何にもないけど裸足で来て欲しい・・・」 写真 畑の土とギャルの裸足のアップ

内容 ギャル自転車一人旅 景勝地、アウトドア、温泉、食事、産品、体験、芸能、人などを紹介

エピローグ 「ココロを裸足にしてみたら宝物が見えてくる そ〜っと見守っていて欲しい・・・」
樹齢1000年の神木の独り言 写真 夕暮れの神木&小さなギャルの影

発行 能勢町観光協会 定価¥700

能勢のガイド本の編集は相当ハイレベルな手法です。


ピコピコピコ・・・

分厚い資料を重ねて、補助金でハコモノを作り、運営の詰めが甘く、責任者もなく、
失敗を重ねてきた行政主導の事業・・・

果たして、これまでの流れを変えられるのでしょうか?


気付

現代社会の不安、都会の忙しさ、孤独 → 生かされ感、ハプニング、体験、社会貢献
水=手付かずの自然、共生の自然、太田川の清流
火=神楽、たたら製鉄、工芸

健康志向

広島市&北広島芸北&安芸太田=太田川&共生&歴史物語=連携

物語とは、観光客の気付&感動を導くような、ゆるやかなイメ〜ジ


mirai12.jpg mirai11.jpg

で、次回はSWOT分析だそうです。

広島市、広島県、日本、世界など外的状況の強みと弱み、
安芸太田町の内的状況の強みと弱み、
強いところを重ね合わせると何かが生まれるのかもしれませんね。

シュワッチ!

mirai03.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

安芸太田未来戦略会議 その3

mirai06.jpg

mirai08.jpg

本日は、明日に開かれる戦略会議に向けての資料整理で忙しい・・・

昨年来から始めた「太田川クラフトアーチワークショップ」の画像とその内容ですが、
このブログ記事を利用しての簡単コピペ作戦・・・

http://www.fuuen.com/OCF/hijiriko/2009arch/index.htm
http://www.fuuen.com/OCF/workshop/2010tanagokoro.htm
http://www.fuuen.com/OCF/hijiriko/2010arch/index.htm
http://www.fuuen.com/OCF/workshop/2010saizenji.htm

インク代が大変ですが16枚×10部を用意しました。


mirai07.jpg

この会議は今月の行政広報誌にも掲載されておりまして、
進行ペースがブチクソ速いのです。

「金もうけプロジェクト」になしてワシのような「ボンビー陶芸家」が、
出席するのかワケワカランです。

お付き合いで2回くらい出席して途中からトンズラする予定・・・


ピコピコピコ・・・

緊急指令(宿題)が出た。

これから急いで考えるのですが、
安芸太田町の観光の「強み」を10も考えなくてはいけません。

あまり好きでないKJ法だげな。

シュワッチ!

mirai03.jpg

PS
やまなみ大学&太田川清流塾はブチクソ詳細な資料を当然のように提出される事でしょうね。

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

安芸太田未来戦略会議 その2

mirai05.jpg

2回目の戦略会議に出席させていただきましたが、
コンサルタントが司会進行される場合によくあるKJ法でした。

今回のテーマは観光戦略の問題点探し・・・

出席者がメモを書いて、似た内容は並べて、分類整理、タイトル付け
その過程で問題意識を共有ながら結論を出してゆくものらしいです。

mirai04.jpg

分類されたのが↑↑の画像ですが、
今回はテーマがテーマでしたのでマイナス思考ばかりが並んでしまいました。


ピコピコピコ・・・

ワシの場合、こういうヤヤコシイのはど〜も苦手でして、
自分のやりたい事、夢物語ばかりを強く主張する傾向がありまして、
ピントがずれているようです。


ワシのピンボケ主張

公共交通が脆弱ですので、
イベントの時くらい、高速バス停から無料送迎バスを出して、
「あなたく」のような可愛いネーミングにして安芸太田をアッピ〜ルする。

道の駅の商品展示がマンネリ化しているので、
フリーなギャラリースペースを作って、季節代わりで地元工芸品の展示会をしながら、
Web、DM、チラシなどで情報をアッピ〜ルする。

太田川流域の景勝地をテーマとしたB級グルメの開発と連帯、
黒淵カレー、猿飛カレー、ダムカレー、たたらカレー・・・

先進的な観光地との連携、
アーチダムやスキー場がある長野県大町市など・・・

安芸太田病院&福祉課&広島大学病院は
ウォーキング&エアロビクスで糖尿病予防の取り組みをされていますので、
実績を基に「糖尿食」をテーマとしたツーリズムの開設。


気付

普通の住民が地域の宝を再認識し、
観光客の立場になって「外から目線」を養うのは大切ですが、
同じように行政職の方々も、行政枠を越えての「外から目線」を養うべきです。

カチコチのマニュアルに頼った「上から目線」はいりません。

広島市や芸北地区との連帯なくして魅力的な観光交流ルートは作れません。

シュワッチ!

mirai03.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

安芸太田未来戦略会議

mirai02.jpg

ここ最近、何かとワケワカラン会議に出席する事が多いです。

行政や商工会や観光協会とは距離をおきながら、
中途半端にノラリクラリ生きている不思議な陶芸家・・・

地域でのワシの存在はそんな感じなのです。


「安芸太田未来戦略会議」
いかにも行政主導らしいカチコチのタイトルですが、
懐かしのウルトラマンの地球防衛隊をイメ〜ジしました。

ピコピコピコ・・・

安芸太田町の現状は、広島県内トップの限界中間山地であり、
JAPANでもトップクラスの限界指数・・・

コンサルシンクタンクの資料によりますと、
安芸太田町の近未来は、人口の減少、高齢者の増加、産業の疲弊など
ブチクソ暗いデータでした。

出席者は、観光関係の団体役員、企業の取締役、行政の企画政策室・・・
日頃から危機感を肌で感じている方々・・・

ワシが何故ゆえこの会議におるのかワケワカランです。


気付

感動物語、本物志向の産品、観光地として連携の不足。
広島市との連携。(修学旅行、健康体験、太田川のラフティング、鍋釜体験)
北広島町芸北エリアとの連携。(スキー場、観光ルート)

太田川上流には、
温井ダムや三段峡など観光資産も多く県外からの来客も多いが、お金が落ちていない。

上記が出席者の意見でしたが、
ワシは「たたら製鉄の歴史」「クラフトアーチの取り組み」について、
少しだけ述べさせていただきました。

http://www.fuuen.com/OCF/workshop/index.htm
http://www.fuuen.com/OCF/hijiriko/2010arch/index.htm
http://www.fuuen.com/OCF/rekisi/1_photo/index2.htm

この会議は補助金やボランティアを前提とした観光戦略ではなく、
民間主導の「金モウケ」を強くアッピ〜ルしています。

さて安芸太田町の未来はどうなる!!

シュワッチ!!

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

広島ツーリズム大学

yuki04.jpg

「広島ツーリズム大学」の設立記念講演会を拝聴しました。
http://www.chiiki-info.go.jp/files/eventdata/e86.pdf

気付き

景勝地、ハコモノ、観光ホテル、旅行社、行政の関わる団体型ツアー旅行から、
地域住民、ヨソモノ、ワカモノ、バカモノ、WEBが牽引する小さな体験旅行にニーズが移行中。

低価格化、リピートなどで多くの人が訪れるようになると、
旅行者の優越感や希少価値が薄れ、観光地としてのブランドが下がる。

新幹線や高速ICなどが便利で、多くの観光客を集めていた観光地のほうが苦境であり、
成熟した観光地は絶えず時代に合わせて変化するべき。

自然景観よりも、体験プログラムよりも、強いリーダーシップが地域の核であり、
旅行者ニーズを理解して対応すれば、限界集落などのマンパワーのほうが元気。

地域住民が楽しむ。

広島は情報発信や各種団体の連携があまりにもバラバラバラであり、
連携が時代のキーワードであると解っていても、大きな成果が無い。

以上

この大学の講座に今後参加させていただけるのかは微妙ですが、
広島市行政はカチコチな規約を無くし、敷居を低く間口を広くされる方針のようです。

楽しみ・・・

会場は新しくなった湯来ロッジでした。

yuki03.jpg yuki05.jpg

広島ブログ
広島ブログ・ランキング参加中!クリックしてつか〜さい!
posted by fuuen at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリズム会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。